横浜市青葉区の歯医者「たかはし歯科医院」 TOP > 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科治療の目的

矯正歯科治療の目的は、「見た目を良くしたい」だけだと思われがちですが、実際はそうではありません。歯ならびを矯正することは、審美性の向上はもちろん、噛み合わせの調整による機能性の向上も目的としています。さらに、笑顔に自信が持てるようになるなど精神的な喜びを獲得できるだけでなく、むし歯・歯周病・口臭などの予防にもつながるのです。

当院の矯正歯科治療

当院では、ご希望や症状を考慮した上で、一人ひとりに適した治療方法をご提案します。矯正治療には、日本矯正歯科学会の認定医が治療を担当します。診療日は、第1・3木曜日午後になります。初回相談は無料で行っておりますので、お気軽にご来院ください。

ご不明な点、ご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

矯正歯科治療と年齢

小児矯正

小児矯正

小児矯正で特に注意しなければいけないことは、矯正治療を始めるべきタイミングがお子さまによって異なるということです。幼児期に始めたほうが良い場合と、中学生になってから始めたほうが良い場合があるのです。

早い時期に始める場合は顎の成長が発育段階にありますので、成長発育を促進したり抑制したりしながら治療を進めていくことになります。しかし、その治療を始めるタイミングを逸してしまいますと、機能の発達に影響が出たり、歯の生え方や顎のかたちに影響が出たりしてしまうのです。

いずれにせよ、できるだけ早い時期にご相談していただくことをお勧めします。歯と顎を自然で理想的な位置に調整しながら治療を進めていきましょう(ただし、治療期間が数年におよぶこともあります)。

成人矯正

成人矯正

成人矯正は顎の成長が完成した状態をもとに治療を行います。顎のかたちに歯ならびを合わせるために、歯を抜いたりきれいに並べ替えたりします。

成人は顎のかたちが固定しているので治療計画が立てやすく、それに合わせて集中的に治療できるというメリットがあります。

医療費控除について

矯正歯科治療は医療費控除の対象となります(一部の治療は除きます)。医療費控除の対象となる条件や金額、医療費控除を受けるための手続きなど、詳しくは下記サイトでご確認ください。

>>医療費控除の対象となる医療費