横浜市青葉区の歯医者「たかはし歯科医院」 TOP > 入れ歯治療

入れ歯治療

入れ歯のタイプ 保険診療と自費診療

保険診療

保険診療

保険診療による入れ歯は、治療費を抑えられることが最大のメリットです。デメリットとしては、自費診療に比べ審美性と機能性に劣ることです。また、限定された素材しか使用できないこともデメリットと言えます。使用できる素材としては、レジン(合成樹脂)があります。

自費診療(金属床義歯)

自費診療

自費診療による入れ歯は使用できる素材が豊富で、審美性と機能性に優れた素材の中からご自身に合ったものを選択できることが最大のメリットです。一人ひとりに合ったものを選択できるため、自然な見た目を得ることができます。
デメリットは、保険が利かないので治療費が高くなることです。

当院では保険診療と自費診療のそれぞれに対応した、患者様一人ひとりのご希望に合った治療を行っています。

自費診療《バネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)》

バネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

バネのない部分入れ歯です。薄くて軽いため、装着中も口の中に違和感がありません。金属のバネを使用しないため見た目も自然で、金属アレルギーの心配もありません。

自費診療《磁石を使った部分入れ歯(マグネットデンチャー)》

磁石を使った部分入れ歯(マグネットデンチャー)

磁力で固定する入れ歯です。着脱が簡単で、面倒なお手入れが不要です。歯根に専用の磁石を取り付けて装着するのでずれることがなく、金属アレルギーの心配もありません。