横浜市青葉区の歯医者「たかはし歯科医院」 TOP > こどもの歯科治療

こどもの歯科治療

小さい頃からむし歯に気を配りましょう

小児歯科専門医 認定書

小さなお子さまは、歯医者さんが痛い治療をする怖いところだというようにトラウマにならないために治療前の準備からしっかり行う必要があります。
当院院長は、日本小児歯科学会の小児歯科専門医の資格を取得した歯科医師ですので、お子さまの対応もお任せください。
また、お子さまの治療だけでなく一般歯科も対応可能ですので、ご一緒にいらっしゃるご家族のかたもぜひご相談ください。

小さい頃からむし歯に気を配りましょう

お子さまのむし歯の原因、ご存知ですか?

むし歯を発生させるむし歯菌は、もともと赤ちゃんのお口の中にはいません。では、どのようにして棲みつくようになるのでしょうか? それは、ほとんどがご家族からの感染です。お母さまが使っているお箸でご飯を食べさせてあげたり、ご家族の箸が触った大皿料理をお子さまに取り分けたりすることで、ご家族のむし歯菌がうつってしまうのです。

5~6歳までには口腔内環境(むし歯のリスク度など)が決まってしまうため、お子さまの食事環境には気を遣ってあげましょう。また、お子さまをむし歯のリスクにさらさないようにするためには、ご自身を含めご家族のケアも大切です。たかはし歯科医院では、お子さまのケアについてのご相談も承っていますので、お気軽にご来院ください。

当院での治療アプローチ

当院での治療アプローチ

当院では、「治療を受けやすい環境づくり」を大切にしています。お子さまと親御さまに現在の症状やお悩みをじっくりお伺いし、ご様子を確認した上で一人ひとりに適した治療方法をご提案しています。

具体的には、次のような対応をしています。

  • 付き添いを希望される親御さまには、お子さまの治療に同席していただいています。
  • 嫌がるお子さまに無理に治療を行いません。治療に慣れていただくため、コミュニケーションを大切にしています。
  • お子さまが治療を受けやすくするために、お子さまの目線で会話します。

実際に行う主な治療

主に行うのは、むし歯治療と予防です。当院では、次のようなむし歯治療と予防を行っております。

むし歯を削ってレジンを充てんする(むし歯治療)

むし歯部分が小さい場合は、患部を削ってむし歯を完全に除去します。その後で歯の色に合ったレジン(合成樹脂)を充てんして形を整えます。

シーラントを使用する(むし歯予防)

シーラントを使用する(むし歯予防)

生えたばかりの奥歯の永久歯などは、むし歯になりやすいという特徴があります。そこで、むし歯になりやすい歯の溝にシーラントを埋めます。この予防方法によって、お子さまのむし歯の数が大幅に減ったという報告もあります。

フッ素を塗布する(むし歯予防)

フッ素を塗布する(むし歯予防)

歯の表面にフッ素を塗布して再石灰化を促し、むし歯になりにくい強い歯を作ります。進行してしまったむし歯は自然には治りませんが、初期のむし歯は再石灰化を促進させて治る場合があります。

お子さまの食事についての疑問・質問解決セミナー開催中
お母さん・お父さんの「?」に答えます!